2019/05/17
勉強の取りかかりは遅いけど、解くスピードは速い生徒は結構多くいるように感じます。 速く解いた結果、正答率が良ければ問題ありませんが、不注意なミスがあるのは困りものです。 さらに悩ましいのは、そんな宜しくない結果になっても本人がさほど気にしていないことです。 「いつものこと」「はいはい、直し直し」なんて、安易に考えていませんか?...
2019/05/14
成績が上がると、本人の幸福度はどの程度まで上がるのでしょうか? まず、本人の中で自信が芽生え、それが幸せをもたらします。 次に、周りの人(親や先生など)が成果を称賛することで、本人はさらに幸せを感じます。 この段階で、成績が伸び悩んでいる人と比べると、幸福度の格差が広がっています。...
2019/05/10
私が思った以上に生徒ができなかったとき、できなかったことを責めたことは正直あります。 しかし、最近では、それは生徒のためになるとは思わないので、責めないようにしています。 (一部の生徒は、言わざるを得ませんが・・・。) 生徒のためになることは、解決策を一緒に考えることだと思っています。...
2019/05/07
1学期の中間テストが実施されない中学校があります。 その一方で、従来通りに実施される中学校があります。 ・・・、統一するべきではないでしょうか? 1学期の中間テストが無い理由は何なのでしょうか? おそらく、習った範囲が狭くて、テストのネタがあまりないことが考えられます。...
2019/04/26
ブログを始めて6年くらい経ちます。 塾のブログ以外にも、いくつかやってきました。 最初の方はアクセス数のデータを見るのに少し興味がありましたが、今はあまりありません。 というのも、どの程度見てもらっているのかはっきりとは把握できないからです。 当ブログのデータについては、週に2,3回チェックしています。...
2019/04/23
自分の可能性を低下させたり、無くしたりする発言は問題です。 「自分には無理」「これはできない」「○○高校には行けない」などのマイナス発言は、ドリームキラーの典型的な発言です。 例外的に、本当に無理だったりできないということもあるでしょう。 しかし、頻繁にドリームキラーとなるのはダメですよね。...
2019/04/19
体調が良くないときがあることは仕方ないです。 そんなときは、できるだけ早く回復することが望ましいです。 有意義な勉強をするために。 たまに体調を無理して来る生徒がいます。 体がしんどいけど、塾で頑張ろうと考えているのかもしれません。 1回休むと授業に遅れるとか、授業料がもったいないとかなどの理由もあるでしょう。...
2019/04/16
今年度から小学生のクラスを開講しました。 対象学年は5、6年生ですが、ご縁があり、3年生のクラスを開くことになりました。 小3の生徒を担当するのは、私にとって初めてのことなんです。 雇われていた時代に、小4が最年少学年だったので。 ご縁の経緯を話すと、内部生U君のお母様からの問い合わせが始まりでした。...
2019/04/12
昨日、新学期最初のテストが実施されました。 YN君、晩に塾に入ってくるやいなや、テストで上手くいったことを話してくれました。 「解体新書、アミラーゼ書けました。あと、血管の問題も・・・。」 いつもとは違う手ごたえを感じたことが、話す様子からすぐにうかがえました。 春休みに限定個別の講座を受講して良かったと言えます。...
2019/04/09
自分の答えが「他の県からの」で、模範解答が「周辺の県からの」となっていると、 たいていの生徒は、自分の答えが正解なのかどうかを考えます。 そして、質問をします。 2つの答えの違いについて考えることはとても大切です。 どういう違いがあるのかが分かれば、それを確認する生徒がいます。...

さらに表示する