オーストラリアの思い出

 

ティークラム指導員ニシオカのブログへようこそ。

 

今回は、塾のことを書くのはお休みにして、私のプライベートなことについて記します。

 

 

私のお気に入りの国はオーストラリアです。

もちろん、日本の次に好きだということですが・・・。

 

2001年に留学しましたが、もう17年も前のことです。

その後、毎年のように訪問を繰り返し、やみつきになっていました。

いろいろな思い出、それらは定期的に思い出さなければ、記憶から消えてしまうでしょう。

そこで、ブログに残しておき、何年経っても忘れないようにしようと思いました。

旅行好きな人、オーストラリアネタに興味のある人は、以下の長文にお付き合いください。

 

2001年8月15日、今でも日付は覚えていますが、この日に日本を経ちました。

関空発ブリスベン行き、カンタス航空、飛行時間は9時間弱でした。

ブリスベンはクイーンズランド州(地図右上)の州都です。

今思えば、留学の拠点はブリスベンで良かったと思ったのですが、当時、熱帯の気候を体験したいという望みがあり、北の玄関口ケアンズに決めたのです。

なので、ブリスベン入りするも、そこから国内線でケアンズに向かいました。

地図を見れば、無駄な旅路のように思われるでしょう。

 

8月16日の昼過ぎにケアンズ空港に到着し、空港ロビーでホストマザーとその友人らしき人、彼女たちのお子さんが迎えに来てくれていました。

確か、その友人が車を運転してくれました。

ハンドルを持ったときに、二の腕のお肉がプルーンを垂れ下がっていたことが印象的でした。

空港からホームステイ先まで半時間ほどかかり、車内ではあまり話すことはできませんでした。

 

ホストマザーはインド出身で、ギ―タ(GITA)という名前でした。

インド出身なら、食事に牛肉は入っていないのかと少し残念に思っていました。

オージービーフ食べたかったなあ。

しかし、ある日の食事に牛肉が出ました!

不思議に思い、その訳をGITAに直接聞いてみました。

すると、「私はインド出身だけど、今はオーストラリア人なのよ。だから、昔の宗教のことなんか、もう関係ないの。」って感じの英語で、微笑みながら答えてくれました。

 

それから数日後、GITAの友人が3人やってきました。

ちょうど昼ごはんの時間と重なり、彼らといっしょに食事をすることになりました。

昼食を待っている間、においが漂い、それがカレーだとすぐに分かりました。

オージービーフのカレーかなと予測していましたが、違っていました。

何と、魚のカレーでした・・・。

魚といっても、フライではなく、缶詰めに入っているような魚でした。

GITAの友人3人は右手で直接カレーをつまんで食べ始めました。(彼ら以外はスプーン)

私はそれを見たとき、すぐにビーフカレーにしなかった理由が分かりました。

彼らはインド人だったのです。

現役のヒンドゥー教徒だったことは聞くまでもありませんでした。

そんな1回の食事から、異文化を肌で感じることができました。

 

つづく

 

ティークラムホームページトップ

 

 

 

オーストラリアの思い出(第2回) ※2018年8月11日作成

 

8月23日は私の誕生日なんですが、17年前は人生で特別な日になりました。

オーストラリア留学を始めて1週間後が誕生日で、これは狙ったわけではないのですが、ホストファミリーが誕生日会を開いてくれたのです。

最初はホストファミリーのメンバーと私の5人で食卓を囲んだり、何かゲームをしたりするイメージを持っていましたが、それは全く違いました。

 

何と、ファミリーの友人、近隣の人たち、およそ30人のゲストが集まって誕生日会をひらいてくれたのです。私には生まれて初めての体験でした。

17年たった今でも、集まってくれたゲストの何人かは名前を覚えています。

確か、1人1人に話しかけて、その人たちのサインと好きな言葉を書いてもらいました。

酔っぱらっている人も何人かいて、好きな言葉というよりはふざけた言葉になっていたりしました。

 

食事はビールとバーベキューにサラダなどでした。

ビールはVBビア、これはビクトリア産のビールで苦みが特徴的でした。

※ビクトリアは、大陸南東部の都市メルボルンがある州の名前です。

ホストファーザーのBobのいち押しでした。

バーベキューはもちろんオージービーフです。

骨つきで赤身が多くかたい肉でした。

個人的には脂身が少なくてかたい肉は好む方なので良かったです。

あと、ソーセージが日本のものとは全く違っていました。

とにかく大きくて脂っこいのです。

これはあまり多くは食べれませんでした。

サラダは最後にたくさん残り、翌日、庭の植物のところに捨てられていました。

これを日本だともったいない!と表現しますが、彼らの文化にはその概念が無いんだと思わせるくらい、大量に捨てられていました。

 

食事が終わりかけたころ、ゲストは各自近くの人といろん話で盛り上がっていました。

子どもたちは10人くらいいて、私はその子たちと遊んでやっていました。

GitaとBobには2人の子ども(6歳の男の子、4歳の女の子)がいました。

2人ともとっても元気でした。

私がLike a helicopter.(ヘリコプターみたいに)と言いながら肩車で庭を早歩きすると、2人ともかなり興奮して喜び、くせになってしまいました。そのせいで、私は何度も何度もやらされました。

 

子どもが話す英語って、私にはかなり分かりにくかったです。

まあ、大人が話す英語もオーストラリアなまりのために分かりにくいときもありましたが・・・。

誕生日会のときにゲストから得た英語は、ある子ども、あ!ボビーという名前の女の子でした!今名前を思い出しました。

それは食べ物を指す方言、tucker(タカ)でした。

私がボビーにWhat's tucker?と尋ねたら、Tucker is food.と元気よく答えてくれたことが印象的でした。ボビー、教えてくれてありがとう。

 

そう言えば、Bobファミリーにはもう1人?家族がいたんです。

BobがHe is~.と言っていたので、人扱いなんだと分かりました。

それはクリムゾンという名前の犬なんですが、名前の意味がね、・・・、真っ赤って意味ですよね。

名前の由来は聞かなかったですが、ちょっと恐怖を感じさせる名前でした。

でも、人になつきやすい元気な犬でした。

 

夜が更けるにつれ、少しずつゲストの数は減り、真夜中過ぎにはパーティは終わりました。

Bobファミリーには、こんな素敵なパーティを開いてくれたことを感謝しています。

17年たった今も、こうやってブログに残すことができました。

思い出って一種の財産ですね。

忘れない限り、朽ちることがない。

 

その後、Bobファミリーのところには1カ月滞在し、2カ月目からBrianという老人のところに世話になるのでした。

 

つづく

 

 

ティークラムホームページトップ