· 

ティークラムで学んだこと(16期生)

 

先日、中3生(ティークラム16期生)がここを卒業しました。

最終回の授業で、1人1人の生徒が、ここで学んだことや得られたことを発表してくれました。

そのとき、彼らの発表を録音したので、今回はそれをまとめようと思います。

 

 

TO君

中2の初めごろに学校の数学のテストで上手く点数がとれなかったが、自分ができそうな問題を確実に解くようにとアドバイスをもらった。それを毎回のテストで意識してとりくんだ結果、中3の基礎学力テストで90点以上とれた。

 

K君

入塾当初、漢字や文章表現などの国語力が乏しかった。それを改善するため、先生が言っていたテレビの見方を応用した。自分の場合は、音を消して、字幕をつけ、意味が分からないものは辞書をひいた。それを継続した結果、中3の国語の作文や漢字で満点に近い成果を上げることができた。特に印象に残った漢字は、「不透明」。

 

Hさん

1つ目

入会するまで、マイナス発言が多かった。ここで先生から言霊の存在を教わり、できるだけプラス発言をするようにした。すると、自信がついてきて、以前は解けそうもなかった問題が解けるようにになった。

 

2つ目

ここでは今まで解いたことのないような英語の長文問題を体験した。最初のうちは、制限時間内に解けなかったが、今では時間が余るまでになった。その秘訣は、自分の得意な音感を英語に応用したことだと思う。

 

S君

1つ目

社会の暗記が苦手だったけど、ここでゴロ合わせや体をつかって覚える方法を知り、それを頑張った結果、テストで答えが書けるようになった。

 

2つ目

以前は、学校のテストで全部の問題を解いていて失敗した。ここでテストの受け方を具体的に知り、それを実行した結果、中3の基礎学力テスト第3回で点数が上がった。

 

M君

ここで正確さを身につけたら、凡ミスが無くなって、テストの大問1で完璧になった。

夏休みにていねいパワートレーニングに力を入れた結果だと思う。