· 

元気な状態で勉強しよう

 

体調が良くないときがあることは仕方ないです。

そんなときは、できるだけ早く回復することが望ましいです。

有意義な勉強をするために。

 

たまに体調を無理して来る生徒がいます。

体がしんどいけど、塾で頑張ろうと考えているのかもしれません。

1回休むと授業に遅れるとか、授業料がもったいないとかなどの理由もあるでしょう。

 

単刀直入に言えば、休みなさい。

遅れた分は、元気になってから取り戻せばいいのです。

その方が充実します。

 

私がそうはっきりと答えるのには訳があるんです。

以前、ある生徒が肺炎になりかけたことがありました。

その生徒は頑張りやで、テスト前だからと授業を最後まで受けようとしていました。

見た様子から、明らかに熱がありました。

実際、額をさわっても分かりました。

最初は「帰った方がいいよ」と軽く忠告しましたが、思い切って「帰りなさい」と命じました。

すると、素直に早退しました。

 

その後、病院で肺炎の寸前だと診断されたことを知りました。

まさに、危機一髪でした。

あのとき帰らせてよかった。

 

その一件から、体調不良の生徒には授業をしないようにしています。

折角来た生徒を帰らせるのはちょっと抵抗がありますが、これも塾の方針です。

それに、生徒にも分かってほしいです。

元気な状態で授業を受けることが大切だということを。

 

最後に、体調管理について、未然に病を防ぐことがもっと大切です。

どうすれば風邪を避けられるのか、どうすれば腹痛にならなくなるのか、など。

答えられる範囲で、そういった対処法についても教えようと思います。