· 

生徒が苦手とする質問

 

 

 

生徒が得意とする質問は、「はい/いいえ」で答えられる形式のものです。

例えば、「今日は蒸し暑い?」と聞けば、「はい。」

「テストは来週だった?」と聞けば「はい。」

このような質問ばかりするのは、生徒の思考レベルを上げる機会を損ねていると、私は思います。

 

生徒が苦手とする質問は、「はい/いいえ」で答えられない形式のものです。

「今日の天候はどう?」とか、「テストの日程は?」と聞けば、「はい。」とは答えられません。

もし「はい。」と答える生徒がいるとすれば、その生徒は話を聞いていないですね。

 

「どう?」と聞かれて、黙り込む生徒は少なくありません。

そんな生徒は、「はい。」と答える質問をたくさん受けているのでしょう。

それでは、思考力は養われません。(警鐘)

 

また、感想を述べることが苦手な生徒も少なくありません。

「感動した」「嬉しかった」「腹立たしいと思った」「残念に思った」などの感情を表す言葉が出ないのです。

感受性の面は、大丈夫でしょうか??

 

自分の意見を述べることは、今後必要となってきます。

日ごろから、「どう?」という質問に慣れておくことを勧めます。

そのためには、会話をもっとした方がいいです。

私が練習相手になりましょう。

ついでに、ベターな言葉を教えてあげましょう。